あなたのアイロンがけを手助けする総合情報サイト

>

豊富な情報に振り回されないためのコツ

ブラウスのアイロンがけ

ブラウスの場合には洋服やスラックスよりもアイロンがけが複雑になります。まず肩回りから袖にアイロンをかけます。ふんわりと仕上げるためには、肩馬を使うとアイロンがかけやすくなりますね。袖にアイロンをかける時には、左手で引っ張りながらアイロンをかけるようにすると、きりっとした仕上がりになります。

袖全体をアイロンがけするときには袖山に折り目がつかないように、袖山をアイロン台からずらしてアイロンをかけます。こうすれば、袖山になくても良い折り目がつくのを避けられます。

ギャザーがある場合には、アイロンをかける時に、ギャザーを広げアイロンで押さえるのではなくてスチームを送り込むようにします。鏝で押してしまうとふわっとした仕上がりになりません。

アイロンがけ豆知識

洋服もパイソンが使ってあったり、ベルベットの生地であったり、アイロンがけに苦労するものもあります。

パイソンのうろこがめくれてきた時にアイロンをかけられるかというと、パイソンは熱に弱いのでアイロンがけはしないほうが良いですね。

ベルベットはカジュアルなものからパーティー用のものまでいろんな洋服に使われています。このベルベットの生地もアイロンがけが微妙なものです。

どうしても自分でやってみたいという時には、アイロンがけは裏側から軽くやります。ベルベットの表面にアイロンをかけると変色したりてかったりしてしまいます。スチームも使わないようにします。ベルベットの場合どうしてもスチームはシミの原因になりやすいですね。


このコラムをシェアする