あなたのアイロンがけを手助けする総合情報サイト

>

手軽にできるアイロンがけに便利なアイロン

アイロンがけのコツ

アイロンを、スチームだけではなく鏝を使って洋服のお手入れをするときには、次の順でやるようにします。

袖から後ろ身頃そして前身頃に移り襟を仕上げるようにします。袖にアイロンをかける時には、あて布をしてなでるようにします。きれいな形を保つためには、丸めたバスタオルなどを袖の中に入れて袖まんじゅうの代わりにします。

後ろ身頃にアイロンをかける時には、洋服をアイロン台に着せるようにしてアイロンをかけます。背中のしわはどうしても目立ちますし、かなりなしわが一日着ているとできてしまいます。この後ろ身頃はそうしたしわを丁寧に伸ばすようにして上から下へとなでるようにしてアイロンをかけます。

前身頃は生地の流れに沿ってなでるようにして優しくアイロンがけをします。パットが入っている肩のあたりは洋服をアイロン台に着せるようにしてなでるようにしてかけます。

スラックスのアイロンがけのコツ

スチームの熱と湿気で緩んだ生地に鏝をかけるようにして形を整えます。スラックスの場合には、腰回り、ヒップ、足そして裾の順でアイロンをかけます。

スチームで生地を緩めてやりしわを伸ばすと同時に、折り目をつけるところにはきりっと折り目をつけるようにします。まず生地を緩めてしわを伸ばします。これはスチームでできます。

折り目付けはしわを伸ばしてしまってから最後にやります。裾までスチームをかけた時に、折り目を決めておきますから、その決めた折り目に沿って、きりっと前後の折り目を付けます。センターラインを間違えないように気をつけます。このセンターラインをきりっと仕上げるのは、スチームだけではできませんから、しっかりと鏝をかけます。


このコラムをシェアする